記事一覧

2月24日2 財務金融委員会3 丸山穂高(安倍答弁16-18)

この日午後の衆議院財務金融委員会では、今井議員に続き宮本徹(共産党)の質疑が続きますが森友問題は扱われていません。
次に森友問題を扱ったのは、丸山穂高(日本維新の会)です。


安倍森友答弁16

 「情報公開をもっとすべきではないか」と問われ、答えない(答えていない)




丸山穂高
「例えば、きょう、共産党の宮本議員は、一五年九月四日に会っているんじゃないかという話が出てきました。また、接触の記録を役所はつけなきゃいけないんですけれども、接触記録、出てないじゃないかという話も出ていますね。
 こうした中で、総理、ただ適切にやっているやっていると言うだけじゃ、やはり、どんどんどんどん、見ていらっしゃる皆さん、国民の皆さんは、大丈夫かな、本当にやっているのか、やっているんだったらもっとオープンにしてくれよと思って当然だと思うんです。もっときちんと、徹底的に、白だとおっしゃるのならこの情報公開の部分をやっていかなきゃいけないと思うんですけれども、それについて、総理、どう思われますか。」

安倍晋三
「私が白とか黒とか言う立場にはないわけでありますが、既に担当の局長あるいは大臣からも答弁をさせていただいているとおりでございますが、同時に、この問題について、もう一度それぞれの役所で調べろという御意見もいただいておりますが、しっかりと各省庁においてこれはよく調べた上においてお答えをさせていただいているんだろうと思いますし、官房長官からも、特に、私の家内の名前も出ましたから、しっかりと徹底的に調べろという指示をしました。
 その結果のもとにお答えをさせていただいているわけでありますが、今、政府から独立している機関ですから私が指示はできないわけでありますが、新聞等で知った結果、新聞等で会計検査院が調査をするやに聞いているわけでございまして、独立している会計検査院について、しっかりとこれは調査をしていただきたい、このように思っております。当然、各省庁も会計検査院の調査に対しては全面的に協力するようにしたい、このように思います。」




安倍森友答弁17

 与党議員も含めて、圧力とか利益授受は一切なかったか



丸山穂高
「総理、改めて聞きたいんですけれども、悪魔の証明ですが、しかし、ないということを言うということはまず大事だと思うんですけれども、先ほどの予算委員会でも、総理とか、名誉校長をやられた、もうやめられた奥様はないとはっきりおっしゃいました。
与党議員側に、自民党議員側に圧力や利益授受はなかったんですかということについては、先ほどの福島委員の予算委員会では、これは事前通告がないというお話だったんですけれども、私しっかりときのう通告しておりますので、与党議員も含めて、圧力とか利益授受は一切なかったということでいいんですよね。野党側がうるさい中でしっかりと明言すべきだと思うんですけれども、いかがでしょうか。」

安倍晋三
「これはですね、えー、この、本件、本件のですね、土地処分について、不当な、あー、働きかけはですね、不当な働きかけについては一切なかったというふうに報告は受けているところでございます。」

丸山穂高
「それは与党議員においてもないということなんですね。不当な働きかけはなかったということでいいんですね。」

佐川政府参考人(佐川理財局長)
「お答え申し上げます。
 本件の土地処分につきまして、不当な働きかけは一切ございませんでした。」



安倍森友答弁18



丸山穂高
「実は、大阪の話ということで、うちの代表をしています大阪の松井知事とか、前大阪市長の橋下市長だとか、あとは足立康史議員の何か元秘書がこの籠池さんの息子さんじゃないかというデマまで流されて、大阪維新の会、日本維新の会も絡んでいるんじゃないかという話までデマが出ているんですけれども、これは一切ないと、代表や橋下前代表も、そして足立議員も言っています
 足立議員に至っては、もし万が一そのことが事実であれば辞職する、腹を切るとまで言っていますので、足立議員が腹を切る場合は、私は居合いをやっていますので介錯してやろう、苦しまないようにしようと思うんですが、しかし、ないと明言しています。もしある場合には、維新の会はしっかりと、もしあった議員に対しては追及していきますよ。
 同じことは与党にも言えると思います。今、不当な圧力はないと言えるということですので、もし万が一あった場合にはしっかりと処分していく、ないし、あった場合には処分していくんだ、絶対ないんだということでよろしいんですよね。安倍総理、安倍総理から政治的な話を。」

安倍晋三
「不当な働きかけがあれば、当然、これは犯罪行為にもなるということでございますから、理財局長から答弁をさせていただ いたとおりでございまして、そういう不当な働きかけがあれば、しっかりとその不当な働きかけについてはメモ等々は残すことは当然のことであろうと思うわけでございまして、それが一切ないと理財局長が答弁をしているわけでございますから、そのとおりであろう、こう思うところでございます。」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム