記事一覧

3月28日 答弁書:内閣衆質193第52号 有田芳生:政府専用機


森友問題に関連するのかはかなり微妙な内容ですが、昭恵夫人に関連して政府専用機の話題がでているので、これも掲載することにしました。


3.28内閣参質一九三第五二号 
日本政府専用機に関する質問主意書


質問主意書:平成二十九年三月十五日質問第五二号有田芳生

答弁書:内閣参質一九三第五二号 平成二十九年三月二十八日


日本政府専用機に関する質問主意書

 日本政府専用機の使用について質問します。
一 政府は、日本政府専用機に搭乗することができる者に関する基準を定めていますか。定めている場合、その基準をお示しください。定めていない場合、今後、その基準を定める方針はありますか。認識をお示しください。

三 政府は、日本政府専用機に報道各社の同行記者以外の民間人が搭乗することはできると認識していますか。搭乗できるとしたらどういう場合でしょうか。報道各社の同行記者以外の民間人が搭乗したことがあるなら、それは、いつ、誰が、どんな目的で搭乗したのでしょうか。具体的にお示しください。

四 政府は、日本政府専用機に報道各社の同行記者以外の民間人を搭乗させることの意義や効果について、どのように認識していますか。

答弁書
一、三及び四について
 お尋ねの「基準」の意味するところが必ずしも明らかではないが、政府専用機による輸送については、自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)第八十四条の四又は第百条の五の規定に基づき実施しており、御指摘の「民間人」については、例えば、平成二十五年一月に発生した在アルジェリア邦人に対するテロ事件では、救出された邦人等を輸送した。当該輸送は、日本国民の生命又は身体の保護に必要なものであったと認識している。



二 政府は、第二次安倍内閣発足から平成二十九年三月十五日までに日本政府専用機を何度使用しましたか。その都度の搭乗者の具体的な所属機関と人数についても併せてお示しください。

答弁書
二について
 お尋ねの期間において、政府専用機は六十五回運航している。これらの運航における搭乗者の所属機関及び人数については、膨大な作業を要することから、網羅的にお答えすることは困難であるが、内閣官房、外務省等の政府職員や報道各社の同行記者等を政府専用機の約百五十席の座席の範囲内で搭乗させている。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム