記事一覧

4月4日 答弁書:内閣衆質193第164号 緒方林太郎:「関係」してたら辞める

第193回国会 164 安倍総理の言う「関係」に関する質問主意書

4.4内閣衆質一九三第一六四号 

質問主意書:平成二十九年三月二十四日提出質問第一六四号 緒方林太郎

答弁書:平成二十九年四月四日受領答弁第一六四号



安倍総理の言う「関係」に関する質問主意書

 二月十七日の衆議院予算委員会において、安倍内閣総理大臣は次のような答弁をしている。
 〇安倍内閣総理大臣 (略)繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国 会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。全く関係ないということは申し上げておきたいと思いますし、そもそも、何かそういうことが動い ているかのようなことを前提にお話をされると、この小学校に通う子供たちもいるんですから、こういうことはやはり慎重にちゃんとやっていただいたい、このように思います。
 この答弁における「関係」とは如何なる意味か
 右質問する。



衆議院議員緒方林太郎君提出安倍総理の言う「関係」に関する質問に対する答弁書
 お尋ねについては、安倍内閣総理大臣が、平成二十九年二月十七日の衆議院予算委員会*1の御指摘の答弁の前に「いずれにいたしましても、繰り返して申し上げますが、私も妻も一切この認可にも、あるいは国有地の払い下げにも関係ないわけでありまして、なぜそれが当初の値段より安くなっているかということは、これは理財局に聞いてもう少し詳細に詰めていただきたいと思いますし、認可においては、大阪府ですか、・・・にこれは確かめていただければいいことであって、私に聞かれても全くわからないわけであります」と答弁し、また、同年三月二十四日の参議院予算委員会*2において、「問題の本質は、まさになぜ安くなったのかということについては・・・、そこに政治の関与があったのかなかったのかと。それに関して言われたことは、何か政治に籠池さん側から依頼があって、そしてそこに何かお金の流れ、言わば籠池さん側が政治家等に対して様々な便宜を図る中において政治家が応えたのではないかという、これはそういう疑惑だったはずであります。ですから、その中において私も妻も一切関わっていないと言ったのは事実であります」と答弁したとおりである。



*1 「2月17日 衆院予算委員会 福島伸享(安倍答弁1,2)
*2 「 3月24日 参院予算委員会2 福山哲郎2(安倍答弁92,93)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム