記事一覧

4月21日 答弁書:内閣衆質193第225号 逢坂誠二:昭恵の地位


第193回国会 225 日本政府要人である安倍昭恵さんの地位に関する質問主意書


4.18内閣衆質一九三第二二五号 

質問主意書:平成二十九年四月十二日提出質問第二二五号 逢坂誠二

答弁書:平成二十九年四月二十一日受領答弁第二二五号



日本政府要人である安倍昭恵さんの地位に関する質問主意書

 二〇一四年九月十三日に六本木ヒルズで行われた「WAW! Tokyo 2014」は、日本国政府、経団連、日本経済新聞などが主催し、安倍総理もオープニングセッションで挨拶をしたものと承知している。
 この会合の内容を外務省はホームページで紹介しているが、その内容に疑義があるので、以下質問する。

一 外務省ホームページで紹介されている「日本政府要人」という当該文書は公文書であるという理解でよいか。

答弁書
一について
 御指摘の「外務省ホームページで紹介されている「日本政府要人」」という文書は、公文書等の管理に関する法律(平成二十一年法律第六十六号)第二条第四項等に規定する行政文書である。



二 外務省ホームページでは、日本政府要人として、安倍昭恵さん、加藤勝信内閣官房副長官、岸田文雄外務大臣、有村治子女性活躍担当大臣が列挙されている。安倍昭恵さんは「日本政府要人」であるという理解でよいか。

五 安倍昭恵さんが日本政府要人であるとすれば、先般提出した「内閣総理大臣夫人の法的地位に関する質問主意書」(質問第一〇五号)に対する答弁書(内閣 衆質一九三第一〇五号)でいうところの、「公人とは、一般に、公職にある人を意味するものと承知しており、他方、私人とは、一般に、公人の対義語として用 いられるものと承知している。その意味で「内閣総理大臣夫人」は、公人ではなく私人である」との見解と整合性が取れないのではないか。

六 安倍総理がオープニングセッションで挨拶し、日本国政府が主催者の一つである会合を紹介する文書が政府機関のホームページで、安倍昭恵さんが「日本政 府要人」であると外務大臣と同列に表記されていることは、「「内閣総理大臣夫人」は、公人ではなく私人である」との政府見解を維持しているならば、国内の みならず、海外にも誤解を与えるのではないか。

答弁書
二、五及び六について
 先の答弁書(平成二十九年三月十四日内閣衆質一九三第一〇五号。以下「一〇五号答弁書」という。)二から四までについてでお答えしたとおり、御指摘の「内閣総理大臣夫人」とは、内閣総理大臣の配偶者を指して一般的に用いられる呼称であり、当該呼称を用いるに当たり、公務員としての発令を要するものではない。公人とは、一般に、公職にある人を意味するものと承知しており、他方、私人とは、一般に、公人の対義語として用いられるものと承知している。その意味で安倍内閣総理大臣の夫人(以下「安倍総理夫人」という。)は、公人ではなく私人であると認識している。その上で、安倍総理夫人は、国の機関である外務省の依頼に応じ、安倍内閣総理大臣の公務の遂行を補助するために安倍内閣総理大臣とともに御指摘の会合に参加したものであることから、便宜上、政府関係の参加者を紹介する「日本政府要人」という文書に記載したものであり、このことと一〇五号答弁書との間に齟齬はない。




三 岸田文雄氏の役職を見ると、「外務大臣」と表記されているが、安倍昭恵さんの役職には「内閣総理大臣夫人」と明記されている。これは英文でも同様である。安倍昭恵さんの「内閣総理大臣夫人」という肩書は、日本政府における役職であるという理解でよいか。

四 安倍昭恵さんの「内閣総理大臣夫人」という役職は、内閣官房副長官や外務大臣と同列に扱われているが、政府の共通認識であるという理解でよいか。

答弁書
三及び四について
 お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないが、二、五及び六についてでお答えしたとおり、御指摘の「内閣総理大臣夫人」とは、内閣総理大臣の配偶者を指して一般的に用いられる呼称であり、当該呼称を用いるに当たり、公務員としての発令を要するものではない。また、政府において、「内閣総理大臣夫人」という官職や職名は存在しない。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム