記事一覧

2月27日 衆院予算委員会2 今井雅人(安倍答弁23-25) 



安倍森友答弁23



今井雅人
「いや、もうね、ちょっと、ここまで何を隠そうとして、何を、何を明らかにしようとしている。だって、いろいろな報道で、みんなが本当におかしいと思っていると言っている。本当にごみは撤去されているのかとみんな関心を持っているわけですよ。じゃあ、撤去されているかどうかを調べる権利もあるのに。
総理、ぜひやってくださいよ。国民の、この疑惑を、皆さんの疑惑を払拭してもらいたいと思うんですよ。やっていただけないですか。」 (「総理」「総理」の声。今井「役人がやるなら結構です」等)

佐川理財局長
「答弁申し上げます。
あのー、先ほど御答弁申し上げたとおりなんですが、そこの解釈が委員と違うようでございまして、22条の、あっ、23条のところは、来月の3月末までに必要な工事を完了し指定用途に供さなければならない、こう書いてあるわけでございまして、今まさに学校法人が学校の建設を行い、グラウンドの整備を行い、いろいろな状況の整備を しているところでございますので、そこのところにつきまして、先ほどの29条との関係でいえば、要するに学校としての用途に供された後にそういう権限が与えられているということで、そこを御理解賜りたいというふうに思います。」

今井雅人
「じゃあ、3月31日までに工事が終わったら、そこから調べるんですか。 (発言する者あり)
いやいやいや、違いますよ、これだけ疑惑が出ているんだから、調べなさいという規定がちゃんとあるんだ。
これは、これはですね、政治の意思です。国民が不思議だと思っていることを、ちゃんと調査する権限があるならやるというのは政治の意思じゃないですか。そういうことを、総理が答弁されませんから、もう一回だけ。総理、もう一回だけ。」

安倍晋三
「今、この、疑惑、疑惑とおっしゃっているんだけれども、まず第一点ね、私も妻もこの売買に絶対にかかわっていない。もしそうで、それが 疑惑だというんだったらですね  (今井「そんなこと言ってない」)
皆さんも自分の職をかけていただかなければいけませんよ。今井さんも職をかけるというんだったら別ですよ。 (今井委員「いやいや、ここでは、今そんな話をしていません」)
では、それは、それは違うわけですね。まず、それは違うということは明確にさせていただきたいと思います。 (今井「それはいいですけど。はい。」)
それではないと いうことですね。
そこでですね、今、契約書の、契約書の理解については、この理財局長から、契約書をどう理解するかということは私は答えようがないわけでありますから局長に答弁をさせたわけで ありますが、局長はですね、局長は、いわば学校法人としてという目的に使われるかどうかということについて当局としては調べる権限を持つということでありまして、そこで今、工事をしている最中であって、工事が終わった後ですね、それが果たして本当に学校法人に使われるかどうかということについては調べる権利があると、いわば、えー、権利があるということだと 思います。
えー、そして、では、今おっしゃっていること、額が、8億が1億になったということについて、これはですね、さきほどら、あの、これは、先般も申し上げているんですが、これ、会計検査院がしっかりと調査をするやに聞いているわけでありまして、いつも皆さんはですね、政府が自前でやるのはおかしいじゃないかということをおっしゃっているわけでありますから、まさに、えー、この、えー、会計検査院というのはしっかりとした独立した機関ですから、そこがやる、うー、これは、性格のものではないかということは、繰り返し申し上げているとおりであります。」

今井雅人
「いやいや、会計検査院もありますが、それは独立した機関で、ちゃんと29条で国が権限を持っているんですからやってくださいという話をしているんですが、非常に後ろ向きだということがよくわかりました。」



安倍森友答弁24

 塚本幼稚園の教育内容への賛否



今井雅人
「私は前回のときに、総理大臣夫人がこういう学校の名誉校長になっていること自体が問題であって、それを容認した総理はやはり脇が甘かったんじゃないですかと、いうことを申し上げました。そのことについて少し触れたいと思います。
えっとですね、えー、この間も一部紹介しましたが、ほかのところもちょっと紹介したいと思いますけれども、ここの学校の学園長、園長、えー、えー、塚本幼稚園の園長さんと副園長さんですねー、えー、この方たちがどういうことをおっしゃっているか。
まず、副園長さんは手紙とか通信でこうおっしゃっています。
韓国人とかは整形したりコーラやファンタを飲んだりしますが、日本人は飲みません。根っこが腐ることを幼稚園では教えていません。
えー、それから、これは子供たちに言っているのではなくて、保護者であるお母さん方に言いたいことです。よこしまな考えを持った在日韓国人、シナ人であるこれらを先導する人、それに金魚のふんのようについてくる人は近づいてきます。自分の身の回りに緊張を持って、妙に接近してくる人には気をつけて近づけぬことです。
園長のブログです。沖縄の知事に関してこうおっしゃっています。
沖縄の現知事は、親中華人民共和国派、娘婿もシナの人である。もともと中共に従いたいと心から思っているので、中共の手先かもしれない。
名古屋の塾から小学校を起こした人も市内の高校を買収した人も在日ですから、この学校では、勉強はできても国家観はずたずたになり反日の人間になり得るという構図です。
こういうことをですね、公式な通信ですとかブログで公表して、幼稚園のホームページにも載せています。
総理はこういう考え方にさん、私はこういう考え方は許せませんし、賛同できませんが、総理はこういう考え方には賛同できますか。」  (「総理」「総理」の声。今井「総理の考え方」「総理のお考えです」。その他「文科大臣関係ない」等)

松野博一
「あの、文部科学省としての見解をお話しさせていただきたいと思います。
えー、御指摘の幼稚園でですね、塚本幼稚園で、具体的にどのような指導が日々行われているかについては詳細には承知をしておりませんが、しかし、国籍、民族、人種に関する不当な差別が行われるようなことは、もうあってはならないことでありまして、仮にそのような状況があるのであれば、早急に改善されるべきものと考えます。
いずれにしろ、私立幼稚園は、私立幼稚園で不適切な指導が行われている場合は、所轄庁である都道府県において適切な対応がなされるべきと考えており、本件の事案につきましては現在大阪府に状況を確認しているところでありますが、大阪府からは当該幼稚園に対し事実関係を確認しているところであると聞いておりまして、大阪 府の対応状況を注視してまいりたいと考えております。」

安倍晋三
「ただいま文部科学大臣から答弁したとおりでございまして、教育者であれば人種、国籍、宗教等で差別をしてはならないというのは当然のことであろう、このように思います。」

今井雅人
「全く同感です。そういうふうに差別をしてはならないということでありますから、やはりこういう発言をされる方は教育者としていかがなものか。総理も今そういうことの趣旨でおっしゃいましたけれども、本当にそうだと思うんですね。」




安倍森友答弁25

 名誉校長就任の道義的な責任
  →答えず




今井雅人
「で、そういう学校の名誉校長を、えー、総理大臣夫人がお受けになっていたということが、私は非常に問題だと。だからそれは、法律的にどうという問題じゃありませんよ。しかし、これは道義的に非常に問題だと、思うんですね。
実際にいろいろなことが起きておりまして、海外のメディア、先日も申し上げましたけれど、海外のメディアがこの件に関して物すごく関心を持っています。えー、もちろん、えー、中国や韓国のメディアは反発するのは当たり前ですから、そういう方たちが反発するのは私はわかります。しかし、そうではなくて、他の、他の先進国でもこの問題は非常に大きく取り上げられているということなんですね。
ちょっと御紹介しますけれども、えー、例えばイギリスのガーディアン。これはタイトルですけど、『安倍晋三と夫人は超国家主義の学校とのつながりで圧力を受けている』と、というタイトルで、えー、あの、資料にもちょっと出していますが、写真、写真入りでそういうのが出ていますけれども、二枚目のところですかね。その中にはどういうことが書いてあるかというと、この学校は、レイシズム、人種差別と甘い土地取引の嫌疑をかけられている、天皇への忠誠を、忠誠と国への犠牲を求める戦前の教育勅語を読ませていると。
えー、ちなみに、タイムズ、も同じようなことで報じています。
えー、それから、ワシントン・ポスト。アメリカですね。えー、『日本のファーストレディーが名誉校長を辞任』というタイトルになっています。中身を見ますと、ちょっと線を引っ張っておきましたが、超国家主義的考えを持つカリキュラムが戦前に似ている、こういう学校であるというふうに紹介した上で、総理大臣夫人のコメントを引用しています。具体的にどう引用しているかというと、こちらの教育方針は大変主人もすばらしいと思っていると。籠池先生の教育に対する熱き思いに感銘を 受けている、ということを紹介しています。
その次に、ニューヨーク・タイムズです。ニューヨーク・タイムズが一番ひどいんですけれども、これは私が申し上げているわけじゃないので、タイトルですからそのまま読み上げますが、『幼稚園の人種的偏見と詐欺スキャンダルに関連している日本のファーストレディー』。物すごいタイトルです。リンクですね、つながっている、関係しているという意味です。そこで、中身はどう書いてあるかといいますと、この学校は、軍歌で行進をさせている。学校の先生などは、よこしまな考えを持った韓国人と中国人というふうに唱える、えー、そして、韓国が好きな人が旅行に行って帰ってきたら、韓国は汚いところであると。そして、ある子供さんには、あなたの息子は犬のようなにおいがすると罵る、こういう学校であるというふうに紹介しています。こういうことなんですね。
あのー、ルール上は問題ないかもしれませんけれども、こういうやはり、非常に特殊な考え方、教育の仕方をしている学校の名誉校長をですね、えー、我が国の総理大臣夫人が務めておられて、そして寄附金を集める広告塔になり、で、夫である総理大臣がそれをやめなさいと言うことなく容認していたと、いうことが、私は大変責任が重いと思うんです。これは、これだけ海外の有名なメディアがこういう書き方をしているということは、私は国益を損ねていると思いますよ。 (「そうだ」「そうだ」の声)
だから、そういう観点で、ここはちゃんと切り分けて考えていただきたいんですけれども、私はこの土地取引とかそういうものに、えー、総理や御夫人が絡んでいるというふうには思っていません。そのことは私は信じています。しかしながら、道義的に考えると、こういう学校のところに関連していて、こういう記事を世界に 流されたということは非常に道義的に責任があるというふうに私は思っているわけです
総理はどういう御認識でいらっしゃいますか、この点に関して。」

安倍晋三
「えー、まずですね、まず、ニューヨーク・タイムズが言っているのは、このスキャンダルに、いわば、土地、詐欺に、か、かかわっているという言い方自体は、これは  (今井「してません」)
えー、このニューヨーク・タイムズはリンクがあるという言い方ですからね、これは間違っていると思いますよ。 (今井「そうですね」)
それはまず間違った報道であるということは申し上げておきたいと思いますし、間違っている報道を前提に私は議論する考えはないわけでございます。
あー、その上で申し上げればですね、えー、いわば、もう既に妻は、この、名誉校長を辞任したわけでございますし、え、経緯については今まで再三申し上げてきたとおりでございます。
え、まあこういう、えー、この、おー、この問題につきましてはですね、ま、ですから、まさにしっかりと、この、えー、取引がどうだったかということも含めて、判断を、えー、会計検査院がですね、判断をするということになっておりますから、しっかりとしていただきたい。
え、そして、ここが学校法人としてふさわしいかどうかは、これはまさに大阪府が判断することではないか、このように思います。」

今井雅人
「んと、まあ、これだけ・・・校長もやめたからいいという問題じゃありませんからね、申し上げますけれども。校長であったということは事実ですし、その事実をもとにこういう記事を出されているということは事実ですから、そのことは重く受けとめていただきたいということと。
あの、もう時間がありませんから最後に申し上げておきますが、籠池理事長がきょうのNHKのインタビュー*1で総理に反論していまして、えー、あの、壇上に上がる前に安倍昭恵さんには名誉校長を引き受けていただいて、それから壇上に上がっていただいたというふうにおっしゃっていまして、総理とは、総理のおっしゃっていることと違います。 (安倍「一回ちょっと反論させて」)
ええ、あの、ちょっともう時間がありませんので。で、それはまた次の人がやりますけれども。
私は、これだけ両側の言うことが違うということであれば、やはり、えー、籠池理事長にちゃんとこちらに来ていただいて、いろいろなところをしっかり究明していただきたいと、いうことを委員長にお願い申し上げまして、私の質問を終わらせていただきたいと思います。」
 *1この日の朝のNHKで放送されたものの、該当箇所を引用しておきます。
 NHK「国有地売却問題 理事長「政治家による便宜一切ない」」(2017年2月27日)

一方、小学校の名誉校長に安倍総理大臣の昭恵夫人が就任し、問題が明らかになったあと辞任したことについて、安倍総理大臣は今月24日の衆議院予算委員会で、「妻が学校法人で講演する際、待合室で『名誉校長になってください』と頼まれて断ったが、その後、突然、理事長から講演の場で紹介されて拍手され、『引き受けてもらわないと困ります』と言われて、最終的には受けることになった」と説明しています。
これに対し、籠池理事長は「承認してもらったうえで講演で紹介し、名誉校長に就任してもらった」と述べ、安倍総理大臣と認識の違いを示しましたが、併せて「昭恵夫人の受け取りようも当然あると思う」と話しました




なお、この後の大西議員の質疑に対する答弁(2月27日 衆院予算委員会3 大西健介(安倍答弁26-28))で、この箇所に関する反論をしていますので、その部分をこちらに引用しておきます(動画はそちらを見てください)。また大西議員の質疑でもこの問題は扱われますので、そちらも参照してください。

安倍晋三
「あの、先ほど、えー、今井委員がですね、御紹介をされたNHKニュースについて、えー、これ、事実、必ずしも事実を全て紹介していただいていないので、え、重要なところなので述べさせていただきたいと思いますが。
籠池理事長、この、ま、私の妻がですね、えー、名誉校長を受ける、ことについて、えー、受けたことについてですね、ま、こう述べているんですね。え、承認してもらった上で講演し、ええ、承認してもらった上で講演で紹介し、名誉校長に就任してもらった、と、こう述べたのは事実でございますが、それにあわせてですね、それにあわせて、昭恵夫人の受け取りようも当然あると思う、と、こう述べているわけでございますから、えー、妻が、あー、私が申し上げましたように、それは受けていない、と、こう言っているわけでありますから、そういう受け取りもあるというふうにもあわせて述べているわけでございますから、これは、一方だけを述べて印象操作をするのはやめて、やめていただきたいと。これ、明確に (発言する者あり)
今、参考人招致という声があがり、上がりましたが、えー、私の妻は今そういうふうに述べているわけでありますから。あの、それとですね、えー、籠池さんも今申し上げましたように、籠池さんが受けた印象と、しかし、えー、自分もですね、えー、籠池さんも、私の妻がそう、えー、私が述べたような印象を持ったかもしれないという趣旨のことを述べているわけでありますから、これは両方述べていただかなければですね、公平性、フェアではない、と、こう思います。」



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム