記事一覧

5月19日 答弁書:内閣衆質193第301号 宮崎岳志:4月24-25日の昭恵への職員同行

安倍昭恵内閣総理大臣夫人の私的活動に対する夫人付職員の同行に際し、旅行命令や超過勤務命令が適切に行われるようになったか否かに関する質問主意書


質問主意書:平成二十九年五月十一日提出 質問第三〇一号 宮崎岳志

答弁書:内閣衆質一九三第三〇一号 平成二十九年五月十九日


安倍昭恵内閣総理大臣夫人の私的活動に対する夫人付職員の同行に際し、旅行命令や超過勤務命令が適切に行われるようになったか否かに関する質問主意書

 安倍昭恵内閣総理大臣夫人は、本年四月二十四日から二十五日にかけてウエスティンナゴヤキャッスルにて開催された「国際ソロプチミストアメリカ 日本中央リジョン第三十一回リジョン大会・表彰夕食会・二〇一六年度分科会」に出席し、講演を行ったとされる。
 今国会でのこれまでの委員会質疑への答弁及び質問主意書への答弁書において、内閣官房は、昭恵夫人の私的活動に対する昭恵夫人付職員の公務としての同行に関して、今後は夫人付職員への旅行命令、超過勤務命令を適切に発令していく旨を明らかにしている。
 以上を踏まえて質問する。

一 上記の式典出席及び講演時に、夫人付職員は同行したか。
二 同行したとすれば、旅行命令、超過勤務命令は発令されたか。
三 旅行命令が発令されたとすれば、夫人付職員の交通費は国費よりすでに出費された、または今後出費されると考えて良いか。あわせて、その金額を示されたい。
四 交通費が国費より出費されないとすれば、負担したのは誰か。
五 超過勤務命令が発令されたとすれば、超過勤務手当が支給された、または今後支給されると考えて良いか。また、超勤代休時間は指定されたか。

 右質問する。

衆議院議員宮崎岳志君提出安倍昭恵内閣総理大臣夫人の私的活動に対する夫人付職員の同行に際し、旅行命令や超過勤務命令が適切に行われるようになったか否かに関する質問に対する答弁書

一から五までについて
 安倍内閣総理大臣の夫人(以下「安倍総理夫人」という。)による内閣総理大臣の公務の遂行を補助することを支援する職員が、平成二十九年四月二十四日及び同月二十五日に、安倍総理夫人に同行して名古屋市に行った事実はない




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム