記事一覧

2015年1月28日 教育再生実行会議 第27回



2013年5月8日の教育再生実行会議(第7回)に続き、この日も加戸守行(前愛媛県知事、教育再生実行会議・有識者)が、話の流れとほぼ関係ない四国への獣医科大学の主張をする。



「第27回教育再生実行会議 第2分科会(第6回)合同会議 議事録」(PDF)6~7頁

○鎌田座長 大臣、ありがとうございました。
それでは、第六次提言素案に係る御意見を引き続きお伺いしていきたいと思いますので、
御自由に御発言ください。
加戸委員、どうぞ。
○加戸委員 ありがとうございます。
思い返しますと30年以上前になりますか。私は文部省におりまして、いつでも、どこでも、誰でも、何でも学べる社会ということで、現在の生涯学習局の設置の提唱をさせていただいて、推進させていただいた者として、今回の提言素案を拝見しながら物すごく力強いメッセージになるなと感動しております。貝ノ瀨主査初め、第2分科会の委員に心から御礼申し上げたいと思います。
それと、私の個人的な関心事としては、12ページの上段の○に「大学進学時には」とございます。言うなれば都市で大学入学定員を水増ししていて、子供達が東京に行かなければいけないといった点で、地方創生の妨げになっているというニュアンスがここに出ているわけでございますが、以前もこの会議で申し上げましたけれども、愛媛県では獣医学部の設置をお願いしたことがありまして、当時、関ケ原から西のほうにはわずか18%の定員で、残り82%が東京を中心とした関東で占められている。このアンバランスの是正を非常に気にしておったわけでありますけれども、こういう形で都市部での例えば獣医学部は典型的な例ですが、東京圏の目ぼしい主要大学は二十数パーセントの毎年水増しをやって、それで獣医師は足りているではないかと言われてきたのですが、そういった点で定員をきっちり守る。守れない場合には例えば私学助成その他の配慮など極端な手段がないと、なかなか地方の大学あるいは地方の学生というのは伸びていかないと考えておりますので、この点に関しましては大変力強い提案として受けとめさせていただきますし、行政としても賢明な取組をお願いしたいと思っております。
○鎌田座長 では、尾﨑委員、どうぞ。





教育再生実行会議については、以下を参照。
教育再生実行会議
有識者
開催状況

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム