記事一覧

2016年11月17日 山本幸三と日本獣医師会の意見交換


ここでは、2017年7月19日付けで日本獣医師連盟の北村直人氏名義で出された文書の中から、2016年11月17日に、山本幸三内閣府特命担当大臣が日本獣医師会を訪れた時の日本獣医師会側の議事録(抜粋)部分を扱います。
(なお、投稿時間等は記事が時系列順になるようにいじっており、2016年11月17日の投稿と表示されますが、この記事を投稿しているのは2017年7月21日です。)




(別添)

山本幸三内閣府特命担当大臣(地方創生、行政改革)との意見交換の概要(抜粋)
 日時:平成28年11月17日〔木)9時22分~10時08分
 場所:(公社)日本獣医師会役員室
 出席者:山本幸三大臣、近藤貴幸大臣秘書官
 当方:藏内勇夫会長、北村直人政治連盟委員長、酒井健夫副会長、境専務


(山本)
 獣医師が不足している地域に限って獣医学部を新設することになった。財政的に大丈夫か、待ったをかけていたが、今治市が土地で36億円のほか積立金から50億円、愛媛県が25億円を負担し、残りは加計学園の負担となった。
 先端のライフサイエンスに重点を置いて、創薬に役立てる。実験動物学分野の獣医師は不足しているのでこれに重点を置く。四国は、感染症に係る水際対策ができていなかったので、新設することになった

(北村)
 日本獣医師会総会で決議している、それ以上でも以下でもない。日獣としては認めることはできない。特区による獣医学部新般には反対であり、これからも強く言い続ける。政連としても譲れない。今回の決定は、日獣が会員とともに積み上げてきたものと相当に開きがある。日獣と政連が「分かりました。」と言うことはできない。大臣から経緯を聞いたということである。
 現在、既存大学の獣医学教育を世界水準に上げることに努力している。閣議決定された4条件、特に上記の3つについては重要であり、主張し続ける。これが政連委員長の見解である。


(中略)


(藏内)
 今日はわざわざ大臣に来ていただいて有り難い。しかし、巡り合わせが悪かった。地元福岡の我々も何とか大臣になっていただきたいと思ってきたが、獣医学部新設を決断する役となられた。担当大臣としてきちんと説明して欲しいとお願いした。
 我々は55の地方会の意見をまとめてやってきており、16大学の統廃合として大学を作ることに反対ではなく、獣医学教育を世界水準にしていかないと取り残されてしまう。地道に獣医学科を学部にして教育水準を上げる努力をしてきた。獣医師数については、国も含めて調査してきたが、数は足りている。今、大学を作ることは流れに逆行する。したがって、大学を作ることに賛成はできない。どうしても作るというのなら、国際水準を満たすものにしていただきたい。将来どうなるのか良く議論していただきたい。「特区でやれっ。」と言って、その後業界がどうなるのか分析して欲しい。我々は、世界獣医師会、世界医師会、日本医師会等と地道な努力を続けてきた。特区の先生方に-度はこのような努力を聞いていただきたい。
 わざわざ来ていただいたことには敬意を表する。しかし、今、大学を新設することは余りにも流れと逆行する。我々の考え方を取りまとめて文書にするので、特区の先生方にも読んでいただきたい。

                                           以上


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム