記事一覧

2016年11月8日 文科省内メールと「加計学園への伝達事項」




送信元:  ■■■■/文部科学省
宛先:   ■■■■/文部科学省
Cc:    ■■■■/文部科学省@Mext, ■■■■/文部科学省, ■■■■/文部科学省, ■■■■/文部科学省@Mext, ■■■■/文部科学省, ■■■■/文部科学省@MEXT, 文部科学省@MEXT, 文部科学省@MEXT, 文部科学省@MEXT, 文部科学省@MEXT
日付:   2016/11/08 11:59
件名:   【情報共有・追加あれば】本日加計学園に伝遠する事項ペーパー


設置室、私学部 御中←高等教育局専門教育課 ■■(■■■■)

 先日に加計学園から構想の現状を聴取したことについて、昨日、大臣及び局長より加計学園からに対して、文科省としては現時点の構想では不十分だと考えている旨早急に厳しく伝えるべき、というご指示がありました。
(局長からは先ほども、早く連絡して、絶対今日中、と言われたところです)

そこで、私から先方の事務局長に添付内容をお伝えしようと思っておりますところ、迫加で指摘すべき事項や修正があれば、本日13時半までに教えてください。
14時に先方から電話が来る予定です。

大臣レク3まいも懸念事項を引く形で作成しております。

281108加計学園への伝達事項.jtd

よろしく御願いいたします。






          加計学園への伝達事項

○先日、ご説明いただいた構想につき、文部科学省として懸念している事項をお伝えする。

○まず、公務員獣医師養成や人獣共通感染症研究、医学部との連携などは既存の獣医学部でも取り組まれており、日本再興戦略改訂2015との関係で、「既存の獣医師養成でない構想を具体化」や「既存の大学・学部では対応が困難な場合」という観点から、差別化できるよう、よく検討していただきたい。(表現ぶりの工夫が必要。その際、ハードルを上げすぎないように注意)

○「国際教育拠点」を形成する旨区域方針に書かれているが、先日のご説明では国際性の特色を出す具体的な取組が十分に示されていなかったので、再検討いただきたい。

○需要について、-先日の説明資料では、公務員獣医師の需要にしか言及がなかったが、毎年定員160名の学生の輩出に見合う応用ライフサイエンス研究者等、獣医高度臨床医の具体的需要も説明が必要であり、ご準備いただきたい。

○獣医学部のない四国へ設置することにより、公務員獣医師の確保や地域の防疫・危機管理拠点を形成するとのことであるが、既存16大学では自地域内入学率・就職率ともに低いことから、四国における「具体的な需要」と、地元定着・活用のための具体策も検討が必要である。

O設置申請に向けて、必要な教員確保や施設整備、資金計画など、万全な準備を行っていただきたい。特に資金については、確保できる額によって、構想の内容も変わってくると考える。確保できる資金と「既存の獣医師養成でない構想」)実現との関係で、十分な検討を行っていただきたい。





20161108文科省から加計学園へのメール (1)




20161108文科省から加計学園へのメール (2)







このメール及び文書について

このメール及び文書は、民進党などがその存在を指摘していたものですが、当初は否定され(「確認ができなかった」)、その後2017年6月15日の文科省の再調査結果の記者会見時の配布資料(5-6頁)で、次のように述べられて存否も明らかにされなかったものでした。


 ⑫ 11月8日に文科省内でやり取りされたとされるメール
 ⑬ 加計学園への伝達事
 ⑭ ⑫メール(⑬文書付き)(11月8日)

  ○ 大学設置認可申請の事前相談に関わる加計学園とのメール等での様々なやり取りはあったが、内容について公にすることは、法人の利益を害するおそれがあることから、行政機関情報公開法に第三者(法人)の意見聴取手続があることなどを踏まえ、現時点では、存否を含めて明らかにすることはできない



その後、2017年6月19日放送のNHK クローズアップ現代+「波紋広がる“特区選定” ~独占入手 加計学園“新文書”~」 でもこの文書が放送されましたが、その後も再調査結果の記者会見の「存否を含めて明らかにすることはできない」とされました。

ところが、2017年7月24日の衆議院予算委員会で、松野文科大臣がその存在を認めるに至ったものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム