記事一覧

7月25日 山本幸三内閣府特命担当大臣閣議後会見



7月25日 山本幸三内閣府特命担当大臣閣議後記者会見



(平成29年7月25日(火) 8:33~8:37  於:官邸3階エントランスホール)


記者
「加計学園の審議についてですけれども、昨日、安倍総理が加計学園の獣医学部新設計画を把握したのが1月20日だという趣旨の答弁をされていましたけれども、それ以前に大臣の方から加計学園の意向と言いますか、意欲を示していることについて、総理と会話されたりしたというのはございますでしょうか。」

山本幸三(内閣府特命担当大臣)
「総理と、この件について一切会話したことはありません。
それから、あのー、具体的なことを言うと、恐らく今日も参議院でいろいろな質問が出ると思いますから、その際にしっかり答えていきたいと思いますので、加計の話については、国会答弁が終わってから、聞いていただければと思います。
ただ、私が知ったのは、これはもう国会でも答弁しておりますが、9月7日に加計理事長が挨拶に来られまして、えー、今後ですね、今治市と、一緒に提案を考えていくので、よろしくというような話があって、そのときに私は初めて知ったということです。」


記者
「関連で確認ですが、その総理の発言にあった1月20日に知ったという発言自体に違和感は感じないですか。」

山本幸三(内閣府特命担当大臣)
「いや、だって、それは、国会答弁でまたあるでしょうから、いろいろ。」


記者
「大臣、すみません、関連ですが、その施設の手続として、11月9日に諮問会議として総理大臣が最初に決定していると。にもかかわらず、加計学園が申請しているのを知らないというのは、これは制度上、あり得るんでしょうか。」

山本幸三(内閣府特命担当大臣)
「制度、制度上、11月9日にやるのは、獣医学部を新設するということを、その、制度として新設することを決めるということでありまして、具体的に、いー、どこにするとか、それから公募してとかというような話は全くその時点ではありません。」


記者
「加計学園の関連でお願いします。
 昨日の審議を見ましたけれども、パブリックコメントの中で平成30年度の開設は間に合わないというような意見があったということを大臣もお認めになられましたけれども、これについては、加計学園のみの、加計学園が、選定されるに至った経緯について反映されなかったということなんでしょうか。」

山本幸三(内閣府特命担当大臣)
「いえ、全くそんなことはありません。
もともと、パブリックコメントを、やるときに、30年度4月で決めて、パブリックコメントをやったわけです。パブリックコメントをやって、結果、12月17日に締めで出てましたけれども、約1000件近くあって、そのうち75%ぐらいが慎重な意見ということでありましたけれども。
ま、その中で、幾つかの異議がありますけれども、開始時期について、えー、のことについて言っているのは17件。その中で、私は詳しいことは知らなくて、戻ってからまた調べたんですけれども、えー、特定の大学ではないとできないのではないかというような話が4件だけです。そういう状況でありまして、それは大勢ということではないというふうに思います。
あとは国会でこれからやりますから、聞いてからにしてください。」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム