記事一覧

3月6日 参議院予算委員会2 福山哲郎(安倍答弁59)

この日、朝の北朝鮮問題があっても、平常通りに開かれた参議院予算委員会に、安倍首相も出席し、前頁での西田議員とのやりとりが行われました。その後、福山議員の持ち時間になったところで、福山議員がNSC(国家安全保障会議)を開催を急いだほうがよいのではないかと申し出て、休憩となり、NSC開催後に再開されて行われたのが、この福山議員の質疑でした。

が、再び、よくわからないヒートアップ・・・学級崩壊状態に。


安倍森友答弁59

 名誉校長就任の日、本当は安倍晋三の講演予定だった



福山哲郎
「そして、総理、私本当は御家族のこととか言いたいタイプではないんですけど、総理が関わっていないという、昭恵夫人も関わっていない、ひょっとしたら被害者なのかもしれない。私もそのようにも考えたいと思います。
しかしながら、この許認可が始まる・・・ちょっと年表だしてもらえます。(年表パネル) 
許認可が始まる直前に、名誉校長に就任を受諾をして、寄附金集めには、安倍昭恵夫人が名誉校長だとか、さらには講演に来られているかとか、そういう話も出るはずです。
そして、これ大阪の財務局の立場でいえば、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任している小学校を、手続ができないからといって、先送りなんかして開校を延長したら、そらぁー、昭恵夫人に恥かかせたのか、安倍総理に恥をかかせたのか、近畿財務局だって、財務省だって、忖度するでしょう、それは。
私的か公人かなんて関係ないんですよ、私人か公人かなんて。そういう状況を、これだけの許認可と、これだけの補助金がおりている状況の中で、名誉校長に就任された
そして、その日に、名誉校長に就任された日に安倍総理は本当は講演の予定だった
だから、安倍昭恵夫人が講演されたのは安倍総理の代わりです。
誰が見たって、ああ、昭恵夫人が名誉校長をやって、安倍総理も講演に来るところだったんだなと、役所はみんな考えますよ。
そこを延期するとかですね、そんなことしたら大臣に、総理に、大臣じゃない、総理に、恥かかせることになる、そういうことを、状況としてつくったこと自身が問題なんじゃないですか。公人か私人かなんか、大した問題じゃないっすよ。そういう状況を作ったことが問題だと私は思う
だから、こういう不透明な手続が積み重なるんですよ。
総理、いかがですか。」

安倍晋三
「えー、ま、公人か私人かは大した問題ではないと、こうおっしゃったので、そのお言葉は受け止めておきたい、と、おー、思います。
え、そしてですね、今、えー、福山委員はですね、もうまるで、まるでですね、まるで、私と妻ががですね、この、結果に、働きかけをしていたかのごとくのですね  (「一切言ってない、一切言ってない」等の声。議場騒然)
いや、影響は、影響を与えたっ……」  (福山「被害者かもしれませんって・・・(聞き取り困難)」。議場騒然)

委員長(山本一太)「静粛に願います。答弁中です。」

安倍晋三
「すみません。ちょっと後ろのベンチの方ね、テレビを見ている方、分からないかもしれませんが、後ろでやじられると大変うるさいんですよ。ですから、本当にこの審議を妨害するのはやめていただきたいと、思います。よ、よろしいでしょうか。
で、そこでですね、そこで、言わば、私と妻が、ですね、えー、この理財局等に、あるいは学校の認可等々にですね、私たちが結果として影響を与えていたかのごとく、まあ、議論をしておられますが。
まず第一点ですね、第一点。西田委員が今日質問をする中で明らかになりましたよね?*1 この売買においてはですね、この、値引きをする、法的根拠について、明確に、したじゃないですか。それを、それについて、言わば、これも、あの、やり取りはおかしいということであれば、やり取りがおかしいということであれば、これは不当な値引きだったということになりますよ。
あと、この一年前に、という、開校を控えての中で、どうして理財局が判断したかということについても、これ明確になりましたよね、訴訟リスク等があるということについて。それが違うということであれば、そもそも大きなこれは問題であるということになりますが、それはそもそもそうではない、わけであります。
そうではない中においてですね、ということはつまり、法的にですね、法的にちゃんと、プロセスにのっとって、正しい根拠を持ってやったということであれば、私も妻も関係ないじゃありませんか。」
 *1 「3月6日 参議院予算委員会1 西田昌司2 番外編・取引は適正説明」参照
安倍晋三
「さらにですね、私も妻も、誰も理財局長等々にですね、誰にも言っていないのにですね、この、名誉校長に安倍昭恵という名前があれば、これ印籠みたいに恐れ入りましたとなるはずがないんですよ*2。日本のですね、かつてそんなことあったんですか。  (「あるある」の声)
そんなことあったんだったら、一つでもいいですから例を出していただきたいと思います。私の妻が名誉何々になっていて、それを忖度した事実が、事実がないのにですね、まるで事実があるかたの(発音のまま)、ことを言うというのは、これも典型的な印象操作なんですよ。」
*2 後の3月23日に昭恵付職員(谷査恵子)から籠池氏へのFAXが公開され、田村審議室長とのやりとりがあったことが明らかになります。この時点では恐らく安倍首相らはFAXの存在を把握できていないと思います。

安倍晋三
「で、先ほどもですね、稲田朋美議員に、への質問においてもですね、稲田さんが、顧問弁護士をやっていた、法律相談をしていたということを書いたのは、ある人物がメール、言わばブログに書いたんですよ。  (議場騒然。福山「聞いてないですよ」
ブログに書いた。で、それで、籠池氏が、籠池氏、籠池氏が言ったのは、公に言ったんではなくて、その人物に言ったわけであります。その人物は、籠池さんからそんなこと言われていないということで謝罪をしているんですから。であるにもかかわらず、あるにもかかわらず、あるにもかかわらず、福山さんは、だから籠池さんを呼ぼうと。
これは私の名誉が懸かっているんですから、私にも、さんざん福山さんは今……

委員長(山本一太)「総理、簡潔にまとめてください。」

安倍晋三
「ええ。しかし、さんざん今、福山さんは私と妻の名誉を傷つけたわけでありますから、さんざん私とめい、私と妻が、ですね、まるでこれに……  (発言する者あり。福山「ちょっと委員長、委員長」
ちょっと、まずですね、まずこの後ろの……

委員長(山本一太)「総理、簡潔にお願いいたします。」

安倍晋三
「はい。でも、ちょっと後ろのやじが多いと何も」   (発言する者あり)

委員長(山本一太)「後ろもちょっと静粛に願います。簡潔におまとめください。」

安倍晋三
「何も聞こえないんですよ。しゃべるのも、やじが大きいと、私なかなかしゃべりづらいんですよ。  (福山「長い」
だから、そこでですね、長々と私と妻がここにまるで関わっているかのごとくですね。  (福山「言ってないよ」等。騒然)
まるで大きな不正があって、犯罪があったかのごとく言うのは  (「言ってないよ」等の声)
これは大きな間違いでありますから、だから、私はちゃんと時間を掛けて御説明をさせていただいているところでございます。
更に私に説明を求めるんであれば、またお答えをさせていただきたいと思います。」

福山哲郎
「私は、昭恵夫人は被害者かもしれないと申し上げたんです。犯罪扱いなんかしていません。それこそ印象操作だと私は思いますよ。何をそんなむきになっているんですか。(笑い声)
えぇ? だけどー、そこが、私は、問題だと思いますよ。
不透明な手続がたくさんあって、そしてその許認可が下りる手前に総理が講演が決まっていて、キャンセルをされたとはいえ、実は安倍昭恵夫人が行って、名誉校長に就任すると。で、その日に実は、さっきの補助金の、その前後に、その日の、まあ補助金も、決まっているわけです。」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム