記事一覧

番外編 3月14日 稲田答弁撤回経緯概観2


目次

1、答弁撤回前
 2月23日衆議院予算委員会第一分科会
  大西健介(民進)議員の質疑と稲田答弁
  辻元清美(民進)議員の質疑と稲田答弁 (以上「番外編 3月14日 稲田答弁撤回経緯概観1
 3月6日参議院予算委員会
  福山哲郎(民進)議員の質疑と稲田答弁
 3月8日参議院予算委員会
  小西洋之(民進)議員の質疑と稲田答弁
  福島みずほ(社民)議員の質疑と稲田答弁
 3月13日参議院予算委員会
  小川敏夫(民進)議員の質疑と稲田答弁
2、3月14日 答弁撤回
 参議院本会議での稲田答弁
 参議院予算委員会、風間直樹(民進)議員の質疑と稲田答弁



3月6日参議院予算委員会・福山哲郎(民進)議員の質疑と稲田答弁



福山哲郎
「稲田大臣、これ以上いろいろ細かいことを聞いてもお答えいただけないと思いますので、別のことを聞きます。
 稲田大臣は、いわゆる森友問題の塚本幼稚園の顧問弁護士をしていた、若しくは弁護士の仕事をしていた、職務をしていたという話があります。このことの事実関係をお答えください。議員になる前という話もありますし、籠池理事長がそのことを話をしていたということもございますので、よろしくお願いします。」

稲田朋美
私が弁護士時代に森友学園の顧問だったということはありませんし、また法律的な相談を受けたこともありません
 今委員が御指摘になったのは、保守の会の松山氏が書かれたSNSではないかと推察をいたしますけれども、今朝、保守の会の会長の松山氏から私の会館事務所に対し、私が森友学園の顧問弁護士であったとのSNSの記載は間違っていたので撤回する旨の連絡とおわびがあったところでございます。」

福山哲郎
「私が聞いてもいないことを丁寧にお答えいただいて、ありがとうございます。
 そのSNS上では、籠池理事長がその今、稲田大臣言われた方に言っていたような形跡がございますので、これは籠池理事長の言葉だとすれば、今の大臣の御発言と全く異なるわけでございます。先日の鴻池議員の会見の内容も、どういうわけか籠池理事長は他のマスコミでもぺらぺら真っ向から対立する話をされています。だからこそ、それこそ稲田大臣も名誉を傷つけられているわけですし、鴻池議員もある意味でいうと真っ向から違うことを言われているわけですから、逆 に参考人で呼んで真実を語っていただくということが大切だというふうに思いますので、引き続き籠池理事長の参考人招致を求めたいと思います。」

この後、これに続いて、安倍答弁がありますが、「3月6日 参議院予算委員会2 福山哲郎(安倍答弁59)」を参照ください。



3月8日参議院予算委員会・小西洋之(民進)議員の質疑と稲田答弁



小西洋之
「民進党・新緑風会の小西洋之でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
冒頭、稲田大臣に森友学園の事案に関連して伺わさせていただきます。
大臣は、一昨日の福山委員への答弁で、私が弁護士時代に森友学園の顧問だったことはありませんというふうにおっしゃられました。しかし、その後に保守の会の松山氏がSNS上で、えー、大臣は塚本、あっ、失礼いたしました、塚本幼稚園の顧問弁護士をしていたのは大臣の、稲田大臣の旦那さんでしたというようなこと がSNS上で発信されております。
あのー、大臣に伺いますが、大臣の御主人であられる弁護士の先生は塚本幼稚園の顧問弁護士を過去されていたことがあったか、あるいは現時点されているか、それを一点伺わさせていただきたいことと、また、それに関連いたしまして、大臣の旦那様の弁護士先生と、また大臣が弁護士であられるときに一緒に経営といいますか営まれていらっしゃいます弁護士法人光明会、弁護士法人光明会の代表弁護士を、法人の代表弁護士を、あっ、失礼しました、正確に申し上げます、弁護士法人の代表を大臣はこれまでお務めになっていたことはありますでしょうか。そうしたことはないというような御回答を民進党の衆議院の議員の方にいただいてい るようでございますが、政官要覧、また時事通信の国会議員プロフィールには弁護士法人代表の記載があるということでございますので、事実関係をお願い申し上げます。」

稲田朋美
「え、まず、私は、本件の土地売却については何の関係もございません。えー、そして、えー、籠池夫妻とはこの十年間、お会いをしたことも、お話をしたこともありませんし、一昨日でしょうか、あー、御答弁申し上げましたように、弁護士時代を通じて、えー、御夫妻から何らかの法律相談を受けたこともございません
えー、私の夫の件につきましてでありますけれども、私の夫は、私が国会議員になる前も、そしてなった後からも、一私人でございますので、お答えする立場にはありません。他方、夫からは、本件土地売却には全く関与していないことを是非説明してほしいと言われておりますことから、この場で申し添えさせていただきます。
 お尋ねの、私が、弁護士法人光明会の代表となっていたことがあるかということでございますが、これまで私は、光明会の代表となったことはございません。したがいまして、今委員が御指摘の政官要覧、さらには時事通信ホームページにある弁護士法人光明会代表ないし弁護士法人代表との記載は誤りでありますので、訂正を申し入れたいと考えております。」

小西洋之
「ありがとうございました。
 弁護士であられる旦那様のことについては私人でいらっしゃるので答える立場にはないとおっしゃっていただきつつ、旦那様のメッセージをここで御紹介いただくというのは非常に矛盾があるといいますか違和感を感じるところでございます。」




3月8日参議院予算委員会・福島みずほ(社民)議員の質疑と稲田答弁



福島みずほ
「次に、次に、稲田大臣にお聞きをいたします。「ウイル」二〇〇六年十月号、二百二十八ページの下段、御自身の御発言を読み上げてください。」

稲田朋美
「今委員が御指摘になっているのは、二〇〇六年、今からもう十一年も前の新人議員大討論会ということでありますので、また、私はここに防衛大臣として答弁を する立場にありますので、十一年前の、しかも新人議員、多くの新人議員と対談をした一部の更に一節を読み上げるのは差し控えたいと思いますので、御理解を お願いいたします」

福島みずほ
「あり得ません。私が大臣のときは同様の質問も受けましたよ。読んでください。
 あなたが、あなたが発言しているものですよ。」(発言する者あり)

委員長(山本一太)「ちょっと速記止めてください。」〔速記中止〕
委員長(山本一太)「速記を起こしてください。」

稲田朋美
「先ほど言いましたように、本当に、もう十年以上前の、一政治家個人としての意見を述べたもので、また、この十一年もの間にいろいろ私も学んで、そのときと 同じ、全く同じ意見を持っているわけでもないし、また、長い対談の一部を読み上げることにどのような意味があるか分かりませんが、委員が読めとおっしゃい ますので、読ませていただきます。
『教育勅語の素読をしている幼稚園が大阪にあるのですが、そこを取材した新聞が文科省に問合せをしたら、教育勅語を幼稚園で教えるのは適当でないとコメントしたそうなんです。
そこで文科省の方に、教育勅語のどこがいけないのかと聞きました。すると、教育勅語が適当でないのではなくて、幼稚園児に丸覚えさせる教育方法自体が適当ではないという趣旨だったと逃げたのです。
しかし新聞の読者は、文科省が教育勅語の内容自体に反対していると理解します。今、国会で教育基本法を改正し、占領政策で失われてきた日本の道徳や価値観を取り戻そうとしている時期に、このような誤ったメッセージが国民に伝えられることは非常に問題だと思います。
』」

福島みずほ
この幼稚園というのは塚本幼稚園のことですか。」

稲田朋美
「今報道等で取り上げられている状況等勘案いたしますと、ここで私が指摘をしているのは塚本幼稚園のことだと推測いたします。」

福島みずほ
籠池理事長とはどういう関係ですか。」

稲田朋美
面識はありますけれども、ここ十年ぐらいお会いしたこともお話ししたこともございません。」

福島みずほ
塚本幼稚園のことをどうして知ったんですか。」

稲田朋美
記憶にはありませんけれども、多分新聞で、ここの、この今読み上げたところを見ると新聞でというふうに書いてありますので、そうではないかと推測をいたしますが、なぜ知ったかということについては覚えておりません。」

福島みずほ
あなたの大阪のパーティーに呼びかけ人となってもらったことはありますか。」

稲田朋美
「大阪で行った一回目の私のパーティーは、私を応援してくださっている方々が多く名を連ねておられます。その中に籠池氏がおられたかどうか記憶にはありませんが、一回目のパーティーのときに籠池さんがおられた、私のパーティーに来られていたことは記憶にあります。しかし、それ以来、私はお目にかかったこともないということでございます」



3月13日参議院予算委員会・小川敏夫(民進)議員の質疑と稲田答弁

これは既に扱いましたので、こちらをご参照ください。

3月13日 参院予算委員会1 小川敏夫3 番外編・稲田答弁




以上を経て、3月14日に答弁撤回となります。



2、3月14日 答弁撤回 

参議院本会議での稲田答弁

これについては「3月14日 衆院本会議1 升田世喜男1(安倍答弁82)」参照。


参議院予算委員会、風間直樹(民進)議員の質疑と稲田答弁

こちらは文字起こしはやりませんが、動画だけ紹介しておきます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム