記事一覧

2月24日1 衆議院予算委員会2 玉木雄一郎(安倍答弁8)


福島議員に引き続き、玉木議員が森友問題について追及しました。

この中での安倍答弁は一つだけですが、またとりたてて重要なものとも思えませんが、その箇所を文字起こししました。


安倍森友答弁8




玉木雄一郎
 ・徹底調査をやるべきだと思いますが、総理いかがでしょうか?
「ちょっと待ってくださいよ。もう一回整理しますよ。
不動産鑑定額が9億5600万円で、そこからごみの撤去費用が必要だといって8億円ディスカウントして、破格の1億3400万円でやっているんです。今この8億のごみ撤去費用について問題視していろいろるる言ったんだけれども、それは関係ありません、例えば汚染土がさらに埋まっているかどうかについても学校経営側の判断ですと。
総理、これは財政法にも違反するかもしれない案件であって、今お聞きになってどうですか、こんな対応でいいと思いますか。私は、やはりこれはきちんと調査をして、国民の疑惑を晴らすべきだと思うんです。徹底調査をやるべきだと思いますけれども、総理、いかがでしょうか。」

安倍晋三(安倍森友答弁8)
「あのー、もう、既にですね、えー、理財局長からも答弁させていただいておりますが、じゃ、問題は何かということだろうと思います。
えー、つまり、えー、きゅう、9億円だったものがですね、1億円に減価した。
それが、あー、正しかったかどうかということだろうと思います。
えー、理財局の説明、は、そこに汚染土等々があり、廃棄物等々もありですね、価格としては減価されている、ということであります。
一方、一方ですね、価格として減価されているということであり、それは適法であったということだろうと思います。
そこでですね、そこで、その、そこに埋まっているものについての、責任は、せき、責任の所在はどこかということであります。
いわば国が持っているわけではなくて、所有権がいわば、瑕疵があるかということも含めて、えー、これは相手側にえー、ばい、売却したことによってですね、その瑕疵担保についてはですね、相手側にうつったという中において、えー、つまり、今、話を聞いている中においてはですね、私も今、詳しいことは知りませんが。
そこで、えー、価格が、あー、減価されたということ、になります。
他方、他方ですね、学校経営者としてですね、えー、その土壌の上において学校を経営するべきかどうかということについては、これはまさに、認可する上においての、えー、これは、今聞いていた中においてはですね、えー、これは、むしろ、りざ、理財局というよりも、認可するという責任においては、文部科学省、おー、おー、あっ、大阪府、ということになるんだろうと、こう思うわけでございまして、そこでですね、いずれにいたしましても、では、えー、価格が減価、減価していますから、もしここがえー、たとえば転売するということについても、減価されたままになっていくんだろうと、それを除去されていない限りですね。
という、まあそういうことなんだろうと思いますが、いずれに致しましてもですね、いずれに致しましても、ま、調査ということについては、えー、これは、新聞等で承知をしたところでございますが、会計検査院がですね、調査をするやに、これ、報道がなされているわけでございます。
それは、会計検査院は、政府から、えー、これは独立した、えー、権限をもってですね、調査をするわけでありますから、会計検査院がですね、しっかりとその役割を果たしていかれるものと、このように認識しております。」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム