記事一覧

3月24日 参院予算委員会3 大塚耕平1(安倍答弁94)


福山議員に続き、大塚耕平(民進党)が質疑に立ちました。
午前と午後と2度にわたりますが、今回は午前の質疑、それに対する安倍答弁を扱います(次からが午後です)。


安倍森友答弁94

 昭恵夫人と籠池氏とは、「いつごろ」接点ができたのか
  →答えず、再度聞かれ「知らない」
 


大塚耕平
「えー、籠池さんからお伺いしたかった話のうち、聞けなかった点が一つありまして、ま、この、ご覧頂いている時系列の経緯の表の、1番上のところですね。森友学園側としては、昭恵夫人に安倍晋三記念小学校の名称使用の希望をしたけども、昭恵さんから『それは無理です』ということが5ヵ月後くらいに連絡があったと、こういう件は聞きました。
しかし、あの、そもそもですね、この籠池さんと昭恵夫人が、いつ頃からどういうきっかけで、えー、接点がおできになったのかということは、ご本人がおっしゃらなかったものですから、まず総理にお伺いしたいんですが、えー、総理のご夫人は、いつごろ、どういう経緯で籠池さんと接点ができたんでしょうか。」

安倍晋三
「あのー、おー、え、妻はですね、あのー、おー、この幼稚園(森友学園が運営する幼稚園)に通っている、えー、お母さまからですね、えー、ま、そのお母さまはですね、えー、その幼稚園の教育方針に、非常に、えー、共鳴しておられた方で、えー、妻にですね、ぜひ一度いって、もらいたいと、いうことで、えー、家内がーあっ、訪問したという風に、妻から聞いている、ところで、ございます。
 えー、なおですね、あのー、おー、妻が聞いてから5ヶ月という、お断りするのに5か、5ケ月ということなんですが、えー、それはですね、あの、何ヶ月かということは、もうし、申し上げられないんですが、えー、妻がですね、えー、例えば、安倍昭恵小学校であれば、妻が独断で、受けますということはありえ、ますけども、安倍晋三小学校というからには、私に、その、間違いなく聞くはずでございまして、えーたまたま、私と妻は色々な関係で、お互いに出張していましたので、えー、これは、妻と私が、なんか連絡取れなかったので、妻が、えー、事務所にですね、えー、こういう依頼があったけども、ということを事務所に言って、で、私、事務所から、聞いたんですね。で、事務所には、えー、それは、もうお断りしてくれと、言う事を申し上げました。ですから、最初にお断りをしたのは事務所のはずでございます。えー、で、納得されなかったので、さらに、えー、再三、ですね、えー、事務所にですね、えー、この、その、なんとか言ってもらえないかと言う事で、えー、連絡があり、で、最終的には、籠池氏ご本人から事務所に連絡がありですね、えー、うちの秘書から、お断りをした。あ、まっ、そういうことがあったから、私が、何回も何回もということを申し上げたわけでありまして、基本的には、えー、最初からお断りをしているということを、はっきりと申し上げておきたいと思いますし、
えー、ましてやですね、あのー、おー、寄付金集めにですね、えー、私どもの名前が使われているか、ということについては、えー、これは、想像だにしなかったわけでありまして。えー、で、私のほうから、いや事務所のほうから、実はそのことについて抗議したわけでありますが、そのとき籠池氏はですね、1日か2日か、これは記録が残っておりますが、1日か2日でですね、これは止めましたと、こういう風に 言っているわけでありますが、しかし昨日(籠池氏の証人喚問)びっくりしたんですが、1日か2日が、『最初から』『ほんの一瞬の間』と証言が変わり、その後、『5カ月』になったわけでございまして。で、その後、よく調べてみると、もう2ヵ月以上使っていたということで、大変遺憾なことだ・・・いやいや、しっ、あっ、2年以上、2年以上ですね、使っていたということ、で、ございまして、その点については、えー、大変遺憾だということでございます。」 (寄付金集めの件は、質問と無関係に話していること)

大塚耕平
あのー、ちょっと私がお伺いしたことと違うんですけどね
あのー、もう一回それはお伺いしますが、その前に、私が証言を聞いていた限りでは、あの、5ヶ月というのは、あー、単にその、おー、最終的に、いー、総理のお名前を使うことは不可だと、いう連絡が約5ヵ月後に来たということであって、その寄付金について、集める集めないを5ヶ月間やっていたとか、やっていないとか、そういう話の文脈ででてきた5ヶ月ではありません。
で、私がお伺いしたかったのは、あっ、その、ご記憶があればで結構ですが、その、森友小学校、あっ、森友学園の教育方針に賛同しておられるお友達とご婦人が知り合いになられた、それは、だいたい何年ころだったんですか。」

安倍晋三
「あの、おー、そのことについては、えー、ちょっとっ、事前に、あのー、質問、通告していただければですね、妻に確認、を、したわけでありますが、記憶の範囲ではですね、えー、それは恐らく、うー、その、いつかということについては・・・。まっ、そもそも、どうして知り合ったかということについて、えー、籠池さんとですね、え、それは最近、私は妻に確認したんですね。どうして、この人たちと知り合ったんですかということは、最近聞いたんですが、あのー、おー、で、その時に、あの、おー、いわば、あー、そこに通っている、うー、お母さんから、あ、聞きましたと、おー、いや、紹介を受けましたということでありまして、いつ頃か、ということは存じ上げません。」

大塚耕平
「まあ、あの、是非、一度、あの、いつ頃からだったか、というのも聞いていただければありがたいなと思います。来週あの、恐らく、どっかの段階で、財政金融委員会に、総理、おいでいただくことになっておりますので、ま、その時までに、ちょっとご確認を頂きたいと思います*1。」
  *1「3月27日2 参院財政金融委員会1 白眞勲(安倍答弁117,118)」の「安倍森友答弁117」参照。


3月24日 参院予算委員会3 大塚耕平2(安倍答弁95,96,98)」に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム