記事一覧

3月24日 参院予算委員会3 大塚耕平3(安倍答弁97)


3月24日 参院予算委員会3 大塚耕平1(安倍答弁94)」、「3月24日 参院予算委員会3 大塚耕平2(安倍答弁95,96,98)」の続きですが、そのうちの加計学園に関する部分です。

大塚議員の質疑、それに対する高市総務大臣答弁などありますが、それらは省略し(後日追記します)、今は動画と安倍答弁だけ文字起こしを済ませておきます。


安倍答弁97:安倍加計答弁5




安倍晋三
「あの、まずですね、その加計学園の理事長が友人だからと言ってですね、今治と愛媛県が、勝手に負けるんですか。
で、それとですね、今、大塚先生と思えない、ですが、価格だけ聞きましたよね。価格だけ。ほか、他は答えなくていいと言ったのはですね、私は他の例のことについて答えられるのが嫌だったんだと思いますよ。 (大塚「いや、そんなことはないですよ」)
に、二十年間、二十年間の間にですね、タダで、地方自治体が、学校法人に提供した例は、25例あるんですよ。つまりですね、ほとんどと言ってもいいんです。これは、譲渡はタダだった。で、それ、それ、譲渡以外にもですね、タダで貸してるというところも、いくらでもあります。
というのは、学校法人って、あんまり財産自体はそんな持ってませんから。うわものを建てなければなりません。しかし、呼ぶですね、呼ぶ地方自治体としては、若者が来ます。学校の先生たちが来ます。そうしますとですね、そこはまさに街ができるんですよ。なんにもなかったところに街ができるということもあります。え、そして、今治の場合はですね、えー、商業団地かな、工業団地かな、作ろうとして、ほとんど、全くこれ、えー、売れなかったという、ことでありました。えー、そして、当然、財政状況が厳しいからこそ、人を増やしたい、若い人を増やしたいということで、えー、だと思います。
えー、私の地元でもですね、えー、学校法人を、その、ほとんどタダ、タダに近くでですね、えー、この、呼び寄せようとしてもなかなか来ないんですよ。い、今の実態はですね、まず、そ、タダに近く提供しなければ大学とか学校ってのは来ないんだということが、まず押さえておかないと。
で、かつ、これ、市議会でですね、ほとんど満場一致で、えー、決めたものでありますから、えー、これは、あの、今治市や愛媛県に対しても失礼なことになりますし、学校法人に対して、そ、そこで通っている学生たちもいるんですから、こういうことについては慎重になっていただきたいと思います。
また、あと公園について、14億、についてはですね、あれ、国が補助金、7億円出してます。で、残り、えー、ほぼ7億円かな、えー、6億8000万円は、えー、これはあと負担でですね、国が負担してますから、えー、市は2000万円しか、実は負担をしていないという事実もですね、あわせてご紹介いただければありがたいと、このように思います。」



なお、加計学園に関しては、この以前に以下のものがあります。
3月13日 参院予算委員会5 福島みずほ2(安倍答弁78,79)加計学園1,2
3月13日 参院予算委員会5 福島みずほ3(安倍答弁80,81)加計学園3,4


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム