記事一覧

3月24日 参院予算委員会4 小池晃1(安倍答弁なし)


大塚議員(民進)につづいて、小池晃(共産党)議員の質疑となります。
ここでは、安倍答弁はありませんが、冒頭にあった谷氏(昭恵夫人付き)が籠池氏に送ったFAXについての箇所を扱います。


FAXについて

 政府の説明:谷さんが自分の判断で送り、個人的に保管していた
 決裁はしていないのか→していない(菅、佐川)
 「個人からの問い合わせ」への対応



決裁について

小池晃
「日本共産党の小池晃です。
 昨日の証人喚問で明らかになった総理夫人付けから籠池氏に送られたファクスについて聞きます。
 おととし九月に総理夫人が森友学園の小学校の名誉校長となって講演をされた。十月に籠池氏が昭恵夫人の携帯にメッセージを残したといいます。
 そして、国有地の定期借地契約を十年からもっと長くしてほしい、社会福祉法人並みの五十年にできないかと総理夫人付きの谷査恵子氏が財務省に問い合わせた
国有財産審理室長田村嘉啓氏より回答があって、十一月に谷氏から籠池氏にファクスが送られた
 このファクスは、昨日、証人喚問のさなかにもう超特急で公開されたわけであります。全ての面談記録は破棄したといいながら、なぜかこれは出てきた。
 午前中の質疑*1では、このファクス総理夫人付きの谷査恵子さんの責任で作成したもので、その内容には財務省は責任は持っておらず谷さんが自分の判断で送ったもので、その後、谷さん個人が個人的に保管していた。典型的なもう秘書が秘書がと。責任転嫁で、私は本当に、一生懸命尽くした結果こんなふうに言わ れちゃうというのは本当に私はひどいと思いますよ、率直に申し上げますが。
確認しますけれども、官房長官、このファクスは官邸では誰も決裁していないんですね。」
 *1「3月24日 参院予算委員会2 福山哲郎1(安倍答弁なし)」など。特定できないので後日改めて。

菅義偉
いたしておりません。」

小池晃
「財務省に聞きます。まあ大臣でもいいですが。国有財産審理室長の回答も、財務省としては決裁していないんですね。」

佐川宣寿理財局長
「お答え申し上げます。いわゆる外部からの問合せの一つでございますので、決裁してございません。」

小池晃
「そんなはずないと思うんですよ。役所が外に文書で何か示すときに、手続しないで、決裁しないで出すということは私はあり得ないと思います。」


「個人からの問い合わせ」への対応

小池晃
「官房長官は、昨日の記者会見で、誰が問い合わせても同じように答えると、こう言われたようなんですけど、中央官庁というのは一般市民による問合せに対して丁寧に説明するのは公務員の仕事だと、こんな模範的な姿勢でいつでもどこでも誰に対しても文書で回答してくれると、こういうものなんですか。」

菅義偉
「誤解をされているようであります。
 ファクスというのは、財務省じゃなくて、夫人付きの谷さん個人が作成をし、個人で所有していたものだというふうに思っています。」

小池晃
「いや、私はそのことを前提に言ったんですよ。
だから、そういうふうに何でも答えるんですか、一般市民から問合せがあったらば。だって、相手は誰でも答えるというふうに昨日言っているじゃないですか、記者会見で。官房長官、言っているじゃないですか。」

佐川宣寿理財局長
「お答え申し上げます。
 私ども、国有財産の管理、処分につきましては、まさに一般の方々からも随分様々な問合せがございます。それは各財務局でもありますし、本省でもございます。そういう問合せには私ども職員が自らの知識を使って丁寧にお答えさせていただいてございます。」

小池晃
「いや、驚きですよね。これから国民の皆さんは、何か国有財産のことで疑問があったら財務省にファクスを送って、全部回答が来るということですね、じゃ。約束するんですね。全て回答するんですね。」

佐川宣寿理財局長
「お答え申し上げます。
 私ども財務省ではホームページを持って、各財務局も持ってございまして、理財部門、国有部門、それぞれのページを持ってございます。連絡先も書いてございますし、そういう意味では各現場においていろいろな問合せもございます。時には本省にもございます。そういう場合については私どもとして、各職員が現場 で丁寧に対応しているということでございます。」(発言する者あり)

小池晃
「もうみんな、うそだよと言っていますよ。そんなことないですよ、絶対。あり得ないですよ。しかも審理室長ですよ。それだけの人がこう答えてくれる。
 そもそも、この回答の内容自体が僕は異例だと思います。五十年定借という要望なんですよ。これ、『社会福祉法人への優遇というのは特例的なもので、学校への拡大は現在検討されておりません』、物すごく丁寧に説明していますね。これ、与党の議員は分からないかもしれません。しかし、野党の議員が、あるいは市民が五十年定借にしてくださいって言い出したら、もうこれはけんもほろろですよ、恐らく。こんな説明するはずないんですよ。」



続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム