記事一覧

3月28日 参院決算委員会5 行田邦子(安倍答弁129)


安倍森友答弁129

 今回の総理夫人の行動の結果・影響についてどう思うか
  →答えず




行田邦子
「無所属クラブ、行田邦子です。よろしくお願いいたします。
この国会は、森友学園問題に膨大な時間を割かれてしまっています。そもそも、この森友学園問題がなぜ、ここまで大きな騒動になってしまったかという、その発端はといえば、総理夫人が森友学園と浅からぬ関係にあることが明らかになったからであります。
私、あのー、これまで昭恵夫人がいろいろなことに関心を抱いて、そして様々なところで講演をされたり、また、御自身がいろんな会を主催されている、そういうお姿をメディアなどで拝見をしていて、とても率直なところ、えー、好印象を抱いております。
しかしながら、残念ながら今回の森友問題に関しましては、結果として、総理夫人の行動がこれほどまでに国会運営にも大きな影響を与えてしまって、そして また政権運営にも影響を与えているということについて、まず、総理、どのようにお感じになっているか、お聞かせいただきたいと思います。」

安倍晋三
「えー、この問題の本質につきましてはですね、国有地の売却や学校認可について、えー、籠池氏から便宜が図られ、政治家がその依頼に応えたのか否かということ、でありまして、従前から申し上げておりますように、私も妻もそして事務所も、一切これらに関わっていないことはこれまでも、えー、明確に申し上げてきたとおりでありまして、また、私の妻が名誉校長を務めていたことなどがですね、行政機関に忖度を働かせたと指摘をされておりますが、そういう忖度が働くのであれば、これはそもそも、例えば私の地元の陳情は全て通っていくことになるわけでありまして、そのようなことは全くないわけでありまして、そのような決め付けは、これは日本の行政機関そのものを貶めるものではないかと、このように思います。
現在、問題の本質から外れた部分が議論の中心となっていることは極めて残念でありますが、えー、物事の本質を見極め、冷静に対応することが求められていると思いますし、また、この、えー、土地取引の問題につきましてはですね、会計検査院がきっちりとですね、厳正に、えー、えー、調査をするものと思っております。」

行田邦子
「総理夫人は、私人であるけれども総理の公務遂行を補助する重要な役割を担っているということで、常時、国家公務員が張り付いているということでありますが、ただ、例えば、総理夫人に対して、その、総理夫人のプライベートな、私的な活動について税金からお給料が出ている国家公務員が随行することが適切であるのかどうか。あるいはまた、別の見方をしますと、総理夫人は私人であるから、どこで講演をして何を言おうと、そしてまた、どういっ た役職に就こうとも、それは御自身の判断だから関係ないということで本当によいのかどうか。私は、今回の件をきっかけにですね、総理夫人の活動の支援体制がどうあるべきか政府としても検討すべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。」

菅義偉
「えー、今、行田委員から言われましたように、えー、総理夫人については、国家公務員としての発令を要するものでなく公人ではないと。しかし、総理夫人であることは間違いないことでありまして、そうした総理夫人の行動に、いー、対してですね、サポートをする、うー、その、スケジュール調整や種々の連絡調整等のサポートをするためにですね、あのー、職員を置いている、こうしたことについてですね、もう少し明確にした方がいいじゃないかという御意見だというふうに思います。
で、私自身も、おー、今度の国会で様々な御指摘をされました。ですから、他の国がどうなっているのか、そうしたことも含めてですね、研究をしていきたいということで今行っているところであります。」
行田邦子
「えー、差し出がましいとは思いましたけれども、問題提起をさせていただきました。」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム