記事一覧

3月7日 答弁書:内閣衆質193第95号 初鹿明博

平成二十九年二月二十七日提出 質問第九五号 初鹿明博

平成二十九年三月七日受領 答弁第九五号


政治家の名前を付して寄附の勧誘をする行為に関する質問主意書

 豊中市内の国有地を近隣国有地の約一割の価格で購入した学校法人「森友学園」が、その土地に設立する予定の小学校の建設資金を集めるため、「安倍晋三記念小学校」の建設に協力をお願いしたい旨の一文を添えて寄附の勧誘をしていたことが明らかになりました。
 このように政治家の名前を使って寄附の勧誘行為があった場合、本人の承諾が無かったとしても、寄附の案内を受け取った人の中には、その政治家が積極的に関わっていると誤解して寄附してしまう方が多くいると考えられます。
 また、勝手に名前を使って寄附を集めた団体、個人が何らかの法違反等を起こした場合、名前を使われた政治家がそのことに関与していたかの印象を与えることにも繋がります。
 そのようなことを防止する観点からも、同意がある無しに関わらず、政治家の名前を利用して、その政治家の政治活動や所属政党の政党活動を支える目的以外での寄附の勧誘行為を、法律で禁止する必要があると考えます政府の見解を伺います
 右質問する。

衆議院議員初鹿明博君提出政治家の名前を付して寄附の勧誘をする行為に関する質問に対する答弁書

 お尋ねの「同意がある無しに関わらず、政治家の名前を利用して、その政治家の政治活動や所属政党の政党活動を支える目的以外での寄附の勧誘行為」の意味するところが必ずしも明らかではないが、寄附の要求については、現行法上、政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)等において規制が設けられてい るところ、政府としては、現状において、こうした規制以外に新たな規制が必要であるとは考えていない。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張おっぺけぺー

Author:尾張おっぺけぺー
森友・加計問題に関する安倍答弁を文字起こし。
関連する国会審議は追加中。
関連する質問主意書と答弁書は網羅。
加計学園に関連する国家戦略特区の議事録(議事要旨)も網羅。
文科省文書も掲載。
ブログ内検索でこれらを横断的に検索できます。

https://twitter.com/toubennbenn

検索フォーム